2016年11月14日月曜日

お腹と背中

どっちも壁ギリギリで上ルアーしてるんだけど、どっち向いてるかで刺さる場所が変わる



リュックがあるせいか背中側がでっぱってるんだね
ネズミ返しを越える時にかなり影響があって、どっち向いてるかで難易度がかなり変わる




リュックがねずみ返しに引っかかるとでもイメージしてもらえれば
こういうギリギリですり抜ける必要がある時は向きで難易度が変わることもある
まあ、普通は気にしなくてもいいんだけどね

旬もこれは同じで背中側が出っ張ってる



基本的に振り子は小さければ小さいほどタイムは早くなる
振り上がり加速する時は足が引っかかるギリギリを攻めるので、向きはやはり影響あると考えるべきだろう
現在のTASは向きについては無頓着だから、きちんと検証すれば恐らくタイムが縮むところがいくつか出てくると思う

TASもまだまだ完璧ではないということだね


さよならはどっち向いてようが恐らく関係ない
拡大してよく見てみたけど違いは判別つかなかったんでどっちでも多分変わらん

0 件のコメント: