2008年11月5日水曜日

三連リュック 意味ねーなー


この画像をクリックすると動画が再生されます


一段ロケットでは多分届かない。
二段をやるスペースもない。
ならばと振り子加速で勢いを溜めてロケットしてみたら、なんか届いて吹いた。

こっから届かねえかなーと最初にここ来た時から妄想し続けてきましたが、ようやく現実のものになりました。
当初の妄想では振り子ジャンプでなんとかならないかという、今思えば笑止千万な妄想でしたが。
まあ、それはさておき。





とはいえ、これも酒井さんの掌の上なんでしょう。
全く以って絶妙な距離でした。
遅くなってごめんなさい。
ようやく届くことが出来ました。

6 件のコメント:

at さんのコメント...

ナ、ナンダッテーーッ!
と何人かで合わせて言いたくなるような衝撃!
まさか届くとは…これ、成功したのsiosatouさんで初じゃないですか?
もし先人の方でやっていらっしゃるのがいたならば、それはそれでスゴイ。

それにしても、本当に届くとは微塵にも思っていませんでした。吃驚です。

siosatou さんのコメント...

いやもう、私も驚きました。

タツノオトシゴ正面突破もそうでしたが、半ば無理だと思ってました。
でも本当に無理なのか気になって気になって、ぶっちゃけ諦めるために本気で挑戦してみたわけですね。
絶望を確認するために。

私が初なのかは、どうなんでしょうね。
タイムアタックと比較するとそれほど難しくはないので、本気で挑戦する人がいれば届いたかと。
個人的には、いたと思っています。

Wanikun さんのコメント...

うは。この場所からいけないかと、過去にずいぶん試したのにー。

こういう「ギリギリ届くかな?」系の場所は、いわゆる「放物運動延長掛け」を無意識のうちに使いこなせているかどうかが重要なんじゃないかと思います。
うーむ、ほんとに底が見えないゲームだ…。

siosatou さんのコメント...

そうですね。
延長掛けを体得、もしくは理解してないと失敗する理由や打開するためのプランが中々浮かばず、努力が明後日の方向に向かってしまい苦労するでしょうね。
しかし未だにこういう発見があるとは、奥が深いです。

すいかっち さんのコメント...

これはお見事!
もう届かないものだと思い込んでたもんですから、目からウロコでした!

siosatou さんのコメント...

すいかっちさんがやってないのはちょっと意外でした。
もっと凄まじいのをやってるのにw
恐らく早い時期に諦めちゃって、これが出来るくらいの腕になっても、行けないと思い込んでしまうんでしょうね。
ぶっちゃけ私も出来るとは全く思わず「どれだけの高さから飛べば届くんだろう」とマップデザイン的な興味でやっただけなので、届くとは全く思ってませんでした。
ただの偶然です。