2008年2月19日火曜日

延長掛け概論

概論というのは「全体にわたって大要を述べたもの」であり、ちょっとしたまとめ程度の意です。




ルアーの軌道(まっすぐ飛ぶ)。
ロープが伸びきった瞬間の川背さんの位置。

この二つさえ押さえていれば、難しい話ではありません。


本当は他にも色んな事例がありますが上記のポイントさえ理解していれば、
あとは応用するだけなので各人で試行錯誤をしてみください。
考えるということも、このゲームの楽しさのひとつです。

ハイパー上延長掛けは例外中の例外なので割愛。
アレだけは理論とかは無視して、そういうものだと思ってください。



テクニック目次

3 件のコメント:

Kawase さんのコメント...

これは素晴らしい!

「上昇中にルアーを投げると届く」とか「落下中に横ルアー」というのがまさしく延長掛けの極意ですね。
原理をつきつめると「川背さんをどのように操作し、どのタイミングでルアーを投げればロープの長さを最大限活用できるか」
ということなのですが、図で書き始めると1つの論文になりそうなボリュームで、私もまとめきれていませんでした。
(ルアーが戻る条件については、たぶんに仮説も含むので)

これをここまで解りやすく解説されたコンテンツは、この動画が初だと思います。

この延長がけの極意は、一見「これならルアーが届きそう」という初心者プレイヤーの直感に反する操作なので、
これを普通に(無意識に)やるかどうかが、上級者~マスタークラスの方々の条件の1つではないかと思っています。

at さんのコメント...

これは素晴らしいですね。
頭では分かってましたが、ここまで丁寧に解説出来たと言うことに尊敬の念を覚えます。超伝導ワニくんが図入りの論文で解説しようとした意味がわかりました。これは確かにその位やんないとちょっと自分には出来そうにないです。
siosatouさんはテクニック面でも勿論、こういう解説が丁寧で上手い所に憧れます。攻略HP運営者として見習わねば。

最後に、動画作成お疲れ様でした。

siosatou さんのコメント...

過分なお言葉を頂き、ありがとうございます。